3回目の司法試験

これが最後

自分と向き合えない

 

今日は、自習室の見学予約を入れ、あとは、今年の短答の解説を買いに行ったり。

どうやら、去年勉強を教えてくれていた弁護士の先生が今年ももう一度手伝ってくれるそうです。ありがたや~。次こそは、先生の期待に応えられるよう頑張ろう。

 

再現答案を作ろうと問題を広げたんですが、結局にらめっこしながら3時間すごす。

 

問題を広げた瞬間会場のなんともいえない窮屈で、失敗を繰り返した場所の記憶がよみがえるよ…つら…

でも、去年は再現答案もあやふやできちんとできなかった。だから駄目だったんだ。だから今年は必ずやる。ここにも順位と一緒に載せる。この辛さから逃げたらまた同じことになるぞ、自分!がんばれーーー

 

 

 

などと、粋がっていますが昨日は友人に八つ当たりをしてしまった。

「3回目は試験だけにしないほうがいいんじゃないか?別の進路も考えて、別の進路の人の話を聞きに行こう?とか、目の前のことから逃げて保身に走っちゃだめだよ、受けると決めたならすぐにでも再現答案見てもらわないと、、?あの人と勉強するのはやめておいたら?」等等と言われ、、

 

すっごい僻みっぽく答えてしまい一応謝罪したものの、それ以降連絡なし(笑)

その友人の性格を考えれば、説教でもお節介でもなく、本当に私の身を案じて言ってくれたんですよ。冷静になればそうなのにカッとなってしまった。

 

あーあ、ごめんよ。でも、私だって昨日の今日でいろんなこと言われても辛かったんだ。友達なくしたかもしれん。はぁ。おかげで今日はモヤモヤした一日でした。

 

ついでだから調べてたんだけど、改正民法施行は再来年かその翌年という感じだろうか?すぐ施行ってことはなさそうなので、来年が本当にラストチャンスになってしまうのかな?

これに関してはいいのか悪いのかわからないけど、まぁいいってことにしようかな。